ご自身でできるきものお手入れの方法
そのポイントとコツをお教えいたします。

●きもののお手入れ

~きもの着用後はハンガーで陰干しが基本~

きものは脱いだらすぐ着物ハンガーに掛け、
半日ほど陰干しし、湿気を取りましょう。
きものなど絹類の大敵は湿気です。
日の当たらない風通しのいい場所で
陰干しするのがポイントです。

その際、同時にシミや汚れの点検も
この時に行うといいです。
特に汚れやシミがつきやすいところは
以下の箇所です。

○衿
○袖
○着物の上前見頃
○裾(上前・下前両方)

★ブラッシングも忘れずに

衣類全般にいえることですが、生地を傷めるのは
汚れやシミだけではありません。
忘れてならないのが「ホコリ」。
現代のホコリには様々な化学物質が
含まれているため、
このホコリを落とさないでいると、
生地の劣化につながります。衣類用のブラシの他、
目の粗いタオルを15㎝角にたたみ、
上から下にブラッシングしましょう。

【ご自身でシミを落とす場合】

シミや汚れは、着物専門店に頼まれるのが
懸命ですが、もしご自身で汚れ落としをされる場合は
以下のポイントをおさえて行ってください。
①汚れ落としにはベンジンやリグロインを使います。
 佐沼屋がお勧めなのは「リグロイン」です。
 理由は、リグロインの方が揮発性が低く、
 輪ジミができにくく、生地を傷めにくいためです。
②タオルを2枚用意。1枚は生地の下に、もう一枚は
 リグロインをつけて汚れ落とし用に使います。
 ※タオルはガーゼ布など柔らかめ、
 かつ目の細かい生地を使用。
③リグロインをつけたタオルで、
 汚れ・シミの箇所の上から「叩く」
 要領で行ってください。
 この際、もう一枚のタオルを汚れ・シミの
 箇所の生地の下に置き、下のタオルに汚れを落とし、吸い取らせます。
 ※こすらないように気をつけましょう。
 生地を傷めてしまいます。
④リグロインをつけたタオルで叩く際、
 汚れ箇所から外に向けて
 ぼかす要領で行うと、輪染みができにくくなります。
 ※もし輪染みができたら、きもの専門店に直しを
 お願いしましょう。
⑤ドライヤーなどで乾かさずに、
 自然乾燥させることがポイント。

●長襦袢のお手入れ

~陰干しの他、汗ジミをチェック~

長襦袢は表にでない分、シミをつけてしまう
リスクは少ないのですが、
気をつけなければならないのが「汗ジミ」です。
絹類にとっての大敵は湿気ですが、
汗も水分ですので、そのままにしておくと
黄ばみなどが発生し、黄変化してしまうので、
気をつけましょう。

★汗ジミは、通常の着物クリーニング(丸洗い)
 では落ちない

きものクリーニング(丸洗い)は
ドライクリーニングになりますので、
油性の汚れは落とせても、水分の汚れ・シミを
落とすことはできません。
従って、別途「汗抜き」という加工が必要になります。
この汗抜きはご自身では難しいため、
きもの専門店へお願いされるのが懸命です。
(佐沼屋ではプロによる汗抜きを行っております。
ぜひご利用下さい。)

●帯のお手入れ

~陰干しの他、汗ジミをチェック~

帯は温もりの残っている内に、
たたくようしてシワを伸ばし、
きもの・長襦袢と一緒に半日ほど
陰干しをしましょう。
もし、汚れやシミなどがあった場合には、
ご自身での汚れ落としやシミ抜きは避け、
きもの専門店へ依頼されるのがベストです。
帯は織物ですので、きものとは扱いが違い、
プロの技術による汚れ落としや染み抜きが
必要になります。汚れ・シミを付けてしまった時の
応急処置シミは他の乾いた布に移す。
これが応急処置のポイント!シミを付けてしまった時に
気をつけたいのが、ハンカチなどでこすってしまうこと。
シミの3大禁止事項が
「熱しない・こすらない・拡げない」
シミにより処置の仕方が違うことも事実なのですが、
皆さんができる最低限の応急処置の方法を
以下記載いたします。
①まずは、シミの上から
 乾いた布(綿・ガーゼ素材など)を
 優しく当て、シミを吸収させましょう。

②シミが染みこんでいる状態の時は、
 水で固く絞ったハンカチと乾燥した布の2枚を用意。
 シミのある生地の下に乾燥布を当て、
 水で固く絞った布でシミを下に落とす要領で叩きます。
  この叩くというのがポイント。

③完全にシミは落ちないので、
 例え目立たなくなったからといって、
 そのままにはしないことが重要!

④すぐにきもの専門店へ持っていき、
 染み抜きをしてもらってください。

※ワインやウィスキーなど、お酒のシミは
 生地を傷めるスピードが早いので、
 少しでも早めに着物専門店へ持ち込みましょう。
※雨の時の泥はねなどの汚れの場合は、
 そのままにしておき、自宅で乾燥させてから、
 ホコリを落とす要領で軽く叩いた上で、
 きもの専門店へ持ち込みましょう。