着付けに必要な小物

きもの姿を美しくするポイントの一つが和装小物。
きものと貴女を彩るオシャレ小物から
必ず揃えなければならない小物など、いざという時に
お役に立てるポイントをお伝えいたします。

きもの・帯・長襦袢・草履バッグ以外に、
きものを着るのに最低限必要な小物です。

○半襟(半衿)長襦袢の衿に縫い付ける小物です。
きもの衿元の清潔感とオシャレポイントになる重要な
小物でもあります。素材は絹・ポリエステル等の
化繊・交織など様々ですが、
取り扱いのしやすい化繊の人気が高いです。
基本は白ですが、カジュアル着物には
色・柄に工夫を取り入れたものも楽しいです。

○衿芯

長襦袢に縫い付けた半衿の中に通す小物です。
衿元をシャキッとキレイにしてくれます。

○前板(帯板)

帯を締める時、前帯の部分にシワがよらないように
するための小物です。ご自身で着付けをされる場合は、
ゴム付きの前板(帯板)がオススメです。

○帯枕

帯をお太鼓結びをする時など、様々な帯姿を形づくり、
帯山に立体感を出すための小物です。大きさ、
形には様々な種類があり、目的に応じて選ぶ
必要があります 。

○足袋

足袋には白足袋と色足袋・柄足袋などがあり、
きもののオシャレに合わせて選びます。基本は白足袋。
どのようなきものにも合うため、ご自身の足のサイズに
合うものを早く見つけておくといいでしょう。

○腰紐

腰紐の素材は正絹からモスリン・化繊など様々ですが、
ご自身で取り扱いのしやすいものから
使ってみてください。
一般的には着物だけで3本、補正や帯結びにも
使用する場合のことを考えると、別に1~2本あると
便利です。

○伊達締め

伊達締めの素材は、正絹・ポリエステル・ゴム素材などが
あります。オススメは付け心地の良さと緩みにくい
正絹素材。着崩れを防ぎ、衿元を抑える役割があります。
2本必要。

○肌着(肌襦袢)

きものを着る時の上半身の下着。吸湿性の良いサラシ素材や
ガーゼ素材がオススメです。両方とも夏の時期を除き
年間使用可能ですが、ガーゼ素材は保温性の優れるため
冬場に、夏の時期はクレープ・絽素材がオススメです。

○裾よけ

きものを着る時の下半身の下着。裾さばきが大切に
なってくるため、静電気が起こらず、
すべりの良いベンベルグ素材の
裾よけがオススメです。

○帯締め(帯〆)

きもの姿の総仕上げを担う大切な小物。
佐沼屋は帯締めにこそ最もオシャレ度が出ると
考えております。帯締めには、
組紐(平組・丸組など)と布を使った丸ぐけの
2タイプがあり、好みに応じて使います。

○帯揚げ

帯の姿を美しく見せ、形を安定させるための小物です。
きものと帯の間を調和させる
コーディネートポイントとしても
重要な役割を果たしており、帯(前)の上部から
垣間見えるオシャレさが楽しい小物です。

あると便利な和装小物
〜着付けがカンタン、楽に〜

好みによりあると便利な小物のご紹介。
使ってみると「もう手放せない!」ものになる
小物ばかり!ぜひお試しください。

○和装ブラジャー

胸の膨らみが気になる場合は、肌着(肌襦袢)を
付ける前に和装ブラジャーを付けるといいでしょう。
補正付きの和装ブラジャーもあるので、
ご自身に合う品物を見つけてください。

○コーリンベルト帯揚げ

きものの着崩れを防いでくれるスグレモノ小物です。
きものの上前と下前をはさむだけで、腰紐の代わりに。
衿元が安定するので着崩れしにくくなります。

○きものクリップ

着付け時の衿やお太鼓結びなどをする時に重宝する小物。
内側にラバーが付いているので、きものや帯を傷めません。

○きものスリップ・ワンピース式肌着(肌襦袢)

肌着(肌襦袢)と裾よけが一緒になった
ワンピース式の肌着。
締め付けるところが少ないのと、
取り扱いのし易さから最近人気の小物です。

○きものハンガー

きもの着用前、着用後の必需品といえる小物。
オススメは、袖を拡げて掛けられる折りたたみ式
伸縮式タイプのきものハンガー。
また、帯掛け付きだとなおいいでしょう。

江戸組紐 平田ひも

佐沼屋のロングセラー品の一つがこの平田ひもです。
国産絹糸の最高級・群馬シルク200を使用し、
染料・組紐もすべて国産にこだわった品です。
礼装用からおしゃれ用まで幅広く
品揃えしておりますので、
ぜひ一度ご自身の着物・帯に合わせてみてください。
(12,000~38,000円税別)

江戸職人 手作り草履

草履は靴と同じく自分の身体を支える小物ですので、
丈夫であることは当然、履きやすさも
追求したいところです。
この両方を叶えてくれるのが、江戸職人の手作り
草履です。この草履を履いてしまうと、

他の草履は履けなくなる・・・

実際使用されている方のお声です。
一日履いていても疲れにくく、それでいてとっても
オシャレ。
お好きな草履の台と鼻緒の組み合わせ、
オリジナル草履を作ってみてください。
(48,000~98,000円税別)

★刺繍半襟(半衿)

着物のオシャレは衿元から・・・衿元を華やかに、
上品に彩る刺繍半襟は、いいものを一枚もっていると、
いざという時のオシャレに役立ちます。
刺繍半襟にも様々なものがありますが、
オススメが荒川さんの京縫の品。
華やかながらも上品な佇まいがとても素敵です。

(3,000~20,000円税別)