小物のオシャレ 色合わせ・柄選びなど

きもの姿を美しくするポイントの一つが和装小物。

半衿

半衿は白が基本。
色半衿や刺繍半衿はTPOで使い分けを。

半衿はきものとお顔の間で、きものの色柄をより強調する
役目を果たします。半衿で迷った時には
「白」の無地半衿を付けてください。
これは礼装もカジュアルも同じです。

また、礼装・カジュアル両方に使える色半衿を
合わせる時には、きものの色とお顔を
調和する色を。この調和は、
鏡を見ながらきものと半衿をお顔に付ければ
大体分かると思います。色半衿の色が
浮いてこなければ大丈夫です。

次に刺繍半襟。礼装用の場合は、
衿の地色と同系色の刺繍が施された
ものを選び、刺繍の色数が少なめのものにしましょう。

カジュアルの場合は、その反対にご自身の
個性を出すつもりで、思いっきり
冒険してみるのもいいです。
但し、ここでもきものとお顔の調和を意識し、
奇抜すぎるものは避けたほうが懸命です。

○帯締め(帯〆)・帯揚げ

きものコーディネートの総仕上げ小物。細心のオシャレを。

帯締め・帯揚げとも、きものの中心を彩る
小物であると同時に、コーディネートの
総仕上げとなりますので、細心のオシャレ心で
選んでください。

(礼装用)
・礼装用の場合、やや幅広めのボリューム感のある
淡い色目のものが調和しやすいです。
合わせるきものの色柄に近いものを選んでみましょう。
黒留袖には、専用の白帯締めをつけます。

(カジュアル用)
・カジュアルは「自分流」が基本ですので
色々試されてみてください。参考までに、
帯を目立たせるなら帯の同色の濃淡のものに。
着物を目立たせるなら帯・帯揚げと
同系色にしてみてください。

★きものの格が帯締めを決める~組み方で決まる格

帯締めには、組紐と丸ぐけ(布素材)の
2パターンがあります。
組紐は、組み方で多彩なデザインがあり、
平組や丸組に大別できます。
さらに、組み方で分けると、平組には、
組目が細密な礼装用の高麗組やカジュアルきものにも
使える平唐組など、丸組には表面の中央に一本溝の
ある冠組などがありますので、
TPO別に使い分けましょう。

草履・バッグ

草履とバッグはオシャレ度があらわれる重要な小物。
だからこそこだわりたいものです。
草履・バッグとも、礼装用、準礼装用、カジュアル用と
TPO別に佐沼屋では用しております。
草履はかかとが高いものほどフォーマル度が高くなり、
佐賀錦などの布製や、皮革のもの素材が中心となります。

バッグは、留袖や訪問着などの礼装には佐賀錦や
綴錦など裂地が正式に。デザインによっては
皮革のものでもよろしいでしょう。

カジュアルの場合は、礼装用ほどこだわらず、
自分好みのものを。きものと同じく「自分流」で
遊ぶのがカジュアルきものの楽しさですので、
色々と合わせてみてください。